« RTX1210に実稼働Configを流し込んでGUIチェック | トップページ | YAMAHA RTX1210+SWX2200のシンプルチェック »

2015年1月21日 (水)

YAMAHA SWX2200は冒険してもいい頃?

RTX1210を手にしたら、あまり興味がなかったSWX2200もちょっと触ってみたくなってしまいました。どうなんだろうな~なんて考えていたら実機を触る前にこんな構成がくめへんかなぁと絵を描いてみました(なので動作した話ではないのでお気を付けを)。
Plan01
まだ詳細設計は明かせませんが、上の図のイメージですね。組めるのかなぁ・・・。
SWX2200の残念な所がちょっとあるので(SNMP取得がルーターからとか、ルーターがないとSW専用アプリとか、LACP(LAG)がないとかとか)、まだネットで調べてイケるかなーと悩んでいる段階ですが。
もう一つは試してないけどまず大丈夫なプラン。
Plan02
混合しているけど、まずもって問題はないんじゃないかなーと。HPのHUBが安いんだよね。安い割にしっかり色々実装されているんで。でも5年以上前のプロカーヴしか触ったことがない。でも平気でしょう。

予算もある程度限られていて、できればL3スイッチを外してみたい・・・でも冗長性は欲しい・・・と言う処から悩んでいるのですが。今はL3はシングルの状態なんです(予算の関係上(汗))。

まぁ試せる時に攻めてみたいとおもいまして・・・。明日SWX2200届いちゃうんですけどね。色々な意味で冒険した構成にしてみたんですが、もっと攻めないと駄目ですかね?

SWX2200への期待は、ルーターGUIからになりますが、クライアントデバイスの情報がポート毎に見られそうな雰囲気で、ちょっとMerakiライクな部分ですね。どこまで掘り下げて見られるのかがネットではイマイチわからなかったので、手っ取り早く動かします。

実際の設定内容は結構盛りだくさんに入れて試すのでどこまでGUIから頑張れるかも見てみます。

そういえばタイトルのフレーズは某エロ漫画のタイトルですねw

さてさて、今日は寒いのでここらへんで撤退!


« RTX1210に実稼働Configを流し込んでGUIチェック | トップページ | YAMAHA RTX1210+SWX2200のシンプルチェック »

YAMAHA RTX」カテゴリの記事

etc」カテゴリの記事

Juniper EX」カテゴリの記事

YAMAHA SWX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHA SWX2200は冒険してもいい頃?:

« RTX1210に実稼働Configを流し込んでGUIチェック | トップページ | YAMAHA RTX1210+SWX2200のシンプルチェック »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

IT

  • 小泉 耕二: 2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門
  • 日経コンピュータ: すぐわかるIoTビジネス200
  • Massimo Banzi: Arduinoをはじめよう 第3版
  • みやた ひろし: インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門
  • 板垣 政樹、 小坂 貴志: プレゼンを100%成功させる!! ITエンジニアの英語
  • 渡辺和彦: ネットワーク仮想化 基礎からすっきりわかる入門書

ITな機器

  • OSOYOO: B00UKXHKXC Arduinoをはじめよう 互換キット UNO R3対応互換ボード 初心者専用実験キット 基本部品セット20 in 1 Arduino sidekick basic kit
  • Juniper Networks: Juniper SRX100H
  • ヤマハ: ヤマハ スマートL2スイッチ 24ポート SWX2200-24G
  • ヤマハ(YAMAHA): ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1210

Amazon